【体験談】ジモティーで友達募集してみたら色々スカウトされた話。友達も出来たよ!

こんにちは、高橋です。

僕は友達が少ない…。

リゾートバイトで全国を旅するように生活していたため、1つのところにとどまるのが苦手な僕は、気軽にふらっと遊べる友達が少ないことに気が付いた。

そして、友達を作ろう!

ある時、そう決心しました。

これは、僕がジモティー(掲示板サイト)を使って友達を作ろうと奮起した全記録をおさめたものです。

結果から言うと、ジモティを使って飲み友は出来たけれども、変な人多いから気をつけた方が良いという話になります。笑

ジモティーで友達募集スタート

なぜジモティーで友達を探すことになったかと言いますと、以下の経緯があります。

お金は一切かけたくなかった

ネットで「友達募集」と検索すると、1番目〜3番目にジモティーのサイトが出てきた。

ジモティーと言うと、自分の持っている使わなくなった不用品を交換するサービスだと思っていたが、どうやら友達募集もできるらしい。

僕は、溢れんばかりの好奇心と、飲みに行ける友達が欲しいという思いからジモティーを使ってみることにした。

しかし、これが悪夢の始まりだったとは…

 

はじめに、ジモティーの友達募集の掲示板で、友達を募集した。

書き込んだ内容は以下のような感じ。↓↓↓

当方、人生にこじれた26歳男でございます。
友達の作り方とやらも、すでに忘れてしまったのですが、ふいに孤独と寂しさが襲ってきたため、ネットでの友達募集という強行にたどり着いた所存でございます。
こんな変な人でもよろしければ、よろしゅうたのみます。

ちょっと変なやつ感を出した方が、よりメッセージが来るのではないかと考え、上記のような文章を打った。

我ながらなかなかの変人っぷりが溢れ出ている文章である。

そして、僕の作戦は成功する。

 

友達募集したらメッセージがたくさん来た

なんと友達を募集して、その日のうちに14人からメッセージが飛んできた。

おそるべしジモティー…

14人のうち男12人、女2人である。

それにしても、男の割合高すぎないか?!

まあ、僕的には男女問わず友達を募集していたので、気にしないでおこう。

 

この14人のうち、メッセージをやり取りして意気投合した(ように見えた)5人と実際にあってみる事にした。

とりあえずジモティを使って会ってみた

ジモティを使って、知らない人に実際に会うのは少し抵抗があったが、今回は僕の好奇心が優ったのだ。

 

一人目はまさかの…

そして、一人目と会う日になった。

僕は、新しい出会いにときめきと不安の両方を持って待ち合わせ場所で待っていた。

相手は27歳男性である。

普段は会社員をしているらしく、純粋に飲み友が欲しいとのこと。

 

約束の時間は7時だった。

僕は5分早めに待ち合わせ場所に着いたのだが、それらしき人は見当たらない。

「着きました!」とメッセージを入れてその場で待つことに。

 

しかし、5分、10分過ぎてもそれらしき人は見当たらない。

それどころか、ラインも既読にならない。

これはもしや…

 

はい、ばっくれられました

まじか…

電車賃返せよ…

 

性懲りも無く2人目と会う

軽く傷ついた僕だったが、性懲りも無く2人目と会う約束をした。

2人は29歳サラリーマンをしているそうで、

韓国と中国のハーフらしい。

 

「よし、これでグローバルな友達ができて楽しそうだ!」

以前、リゾートバイトをしていた時は、たくさん外国からの留学生と出会い、友達を作ることに成功していたので、今回も期待が高まる一方だった。

 

そして、二人目と出会うことに成功した!

出会った感じはとても爽やかそうな感じの良い人だった。僕は新たな出会いに胸がときめく。

そして、二人で近くのカフェに入った。

 

結論から言うと、友達はできなかった。

友達を作るどころか、その人から罵詈雑言を浴びせられ、心に傷を負って帰ってきた…

どうやら、僕の発言が彼のどS心に火をつけたらしい。(詳しくは言えないが)

 

友達を作るって、思っている以上に大変だ。

僕はただ、気軽に飲みに行ける友達が欲しいだけなのに。笑

 

3人目はもっとひどい。笑

僕は、またまた懲りもせず3人目に会いに行った。

3人目は飲み会を開催するというものだった。飲み会が始まる前に、幹事の人とライン電話をした。

なので、少しは警戒心が取れてはいた。

 

しかし、この3人目はもっとひどかった。笑

会ってみると、体じゅうから滲み出る怪しい感じ。

これは危険だ。直感でそう思った。

第一、装飾品がやばい。数珠みたいなものを巻いていて、これは宗教の勧誘をされるのか?

そう思った。

 

結果から言うと、僕は会費4000円を持ち逃げされた。

先に会費を払ってしまい、コンビニで買い物をしている間に逃げられた。笑

それにしても、たった4000円のためにここまでするのかと驚いた。

この時点で、僕の心の傷はピークに達した。

 

もはや意地。4人目!!

ここまでくれば意地である。

絶対にジモティー使って友達作ってやるからな、この××どもが!!

僕はそんな子供じみたことを思っていた。

 

4人目は僕と同い年の26歳。

スポーツの趣味が同じだったので、意気投合して会うことにした。

 

最初は、すごく気があって楽しく話すことができていた。

しかし、近くのファミレスに入ると、話の内容が怪しくなってきた。

「僕は今まで忙しく働いていたのですが、時間と自由が欲しかったので、仕事辞めたんです。」と言い始めた。

 

僕は、「こいついきなり何言ってるんだ?」と思った。

そして、嫌な予感は的中。

ネットワークビジネスの勧誘だった。笑

 

僕は相手を怒らせないように、丁寧に勧誘をお断りして、肩を落として家路に着いた。

注意
メッセージのやり取りをしているなかでも気づいたのですが、ジモティーで友達募集をすると、ネットワークビジネスや宗教の勧誘がとても多いです。なので、気をつけてください。

 

ラスト5人目!

そして、5人目。

我ながら呆れる。ここまでひどい仕打ちをされてもよく飽きもせずに会おうと思うものだ。

しかし、ここまでくると引き返せない。

 

僕は5人目に会うことにした。

この5人目は、またしても飲み会の誘いだった。

今回は前回の反省を踏まえ、最初にお金を払わない、人を信用しないという心構えで突入した。

 

僕は、待ち合わせに来ないことも想定しつつ、いつものように5分前に待ち合わせ場所についていた。

そして、無事5人目と会うことに成功した。

 

飲み会と聞いていたが、何人くるかも知らなかったが、そこには10人以上の男女が参加していた。

僕は、人見知りを発動しつつも、お酒の力も相まって楽しく飲むことができた。

今までの苦労が報われた。そんな感じの飲み会に参加することができた。

最終的にはジモティーで飲み友達を作れた

上記のように、時には騙され、時には罵声を浴びつつやってきたが、

最終的には楽しく飲み会に参加することが出来た(良い人達ばかりで楽しかった)し、飲み友達を作ることに成功した。

 

ただし、ジモティーは本当に変な人が多いので、利用しようと思っている人は最大限の注意を持って利用してみることをおすすめします。(個人的には利用はすすめません!)

それでは、僕は今日もお酒を嗜んできます。笑

 

みんな読んでるおすすめ人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です