【書評】ホリエモンの「多動力」レビュー!現代人の必須スキルをアップデート!

どうも、高橋(@motootikobore)です。

ホリエモンこと堀江貴文さんが書いた本である、「多動力」を読んでみたので、レビューしていきます。

本のタイトルにもなっている「多動力」というスキルは、現代人にマッチした新しい必須スキルであるという風に感じました。

多動力とはいったいどんなスキルなのか、詳しくみてみましょう。

多動力とは?

多動力とは、本書の中で以下のように定義されています。

いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。

本の中で、ホリエモンは1つのことをコツコツやる時代は終わったということを述べています。そして、今まではマイナスでしかなかった「多動力」がこれからの時代を生きるために必要なスキルであると述べています。

多動力はなぜ必要なのか?

この本では、1つのことをコツコツやる時代は終わったという主張をしています。その例えとして「寿司屋の修行なんて意味がない」という事を論じています。

インターネットの発達により、もはやノウハウ自体に価値はなくなったため(ノウハウはネットで用意に手に入るため)寿司職人が何年も修行する時代は終わったのだという風に述べています。

確かに、今までであればノウハウを身に着けるためにどこかの店で修行する必要があったのかもしれませんが、今は時代が変わったのですね。

また、多動力を使って「肩書を3つもてばばあなたの価値は1万倍になる」、ということも書いてあります。多動力を生かして3つの肩書をもつことによって自分の価値が1万倍もあがるのは素晴らしいですね。

MEMO
1つの肩書きを持てば、100人に1人の人材になれるということです。つまり、3つの肩書きを持てば、100×100×100で10000万ということだそうです。

例)プログラマー × ブロガー × 投資家

このような肩書きは、相乗効果を生み出す可能性もありかなり高い価値を提供できるのではないでしょうか?

古い価値観に異議を唱え、時代にあった新しい価値観を身に着けることができるでしょう。

多動力を発揮するために!

今まで通りのやり方(正しいと思われていたやり方)をやっていては、いくつもの異なることを同時にこなすことはできないのではないでしょうか?

本書では、多動力を発揮するための様々なノウハウや事例が紹介されています。

  • まずは、1つのことにサルのようにはまること
  • 教養を身に着け自分の分身に働いてもらうこと
  • 自分の時間を取り戻すための方法
  • 世界最速の仕事術

これらの内容は本書の中のほんの1部です。紹介しきれませんが、古い価値観とは違いすぎていて目から鱗の情ばかりです。

多動力は現代人に必要なスキル!

多動力を読んで、自分の知らない新しい価値観を知ることができました。そして、これは現代人にとって必須のスキルであると感じました。

これからの時代は、1つのことだけをずっとやっていくのではなく、興味のあることを同時に最速でこなしていく時代であるという考えがでてきました。

さに古い価値観がアップデートされたような感覚にさせてくれる本です!

ぜひ興味のある人は読んでみて下さいね。

本書は、要点を端的にまとめてくれているので、読んでいてストレスなく読めたし、1時間くらいあれば全て読み切ることができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です