【若者の貧困問題】ワーキングプアから脱出しよう!

テレビなどを見ていると、若者の貧困問題が話題にあがっていますね。

あなたは以下のような悩みを抱えていませんか?

ワーキングプアの人

  • 何か新しいことを始めたいけれども、給料が少なすぎて始められない
  • ワーキングプアから脱出したい
  • 働けど働けど豊かにならない

上記のような悩みを解決しましょう。

 

新卒正社員の初任給はいくらか知っていますか?平均で約20万円だそうです。そこから諸々引かれてしまい、手取りで約17万円ほどしかもらえないそうです。

しかも、給料がすぐに上がれば良いですが、人によってずっと少ない給料で何年もやりくりしなくてはならない人もいるのです。(上がっても微増)

一人暮らしなどをしていると、たった17万円ほどでは貯金が進まないですよね…

 

でも、若い時こそお金が必要だと思うんです。

例えば、何かを学ぶ時です。何をするにも遅すぎるということはないでしょうが、歳をとってから学ぶのと、若いうちに学ぶのでは知識の吸収力が違ってきます。

場合によっては、若いうちに学んでおくと将来の年収も上がってきますよね。

 

若い時にもお金が必要だけれども、若者の貧困は進んでいる。これが現状なのです。そして、こんな現状からは自分の手で抜け出していかないといけないのです。

今回は、貧困問題やワーキングプアからの脱出方法についてです。

そもそもワーキングプアとは?

そもそも、ワーキングプアの定義って何かご存知ですか?

明確な定義はありませんが、ワーキングプアとは年収200万円以下、月収15万円以下の人のことを指します。

このワーキングプアに陥る人の割合は年々増加していて、今後もさらに上昇するのではないかと言われていたりします。

豊かな時代になったとはいえ、苦しい状況からは早いこと抜け出したいものですね。以下で方法を語っていきます。

年収は職業選びで決まる?

ワーキングプアから抜け出すには職業選びが大事です。

というのも、年収はどんな仕事に就くかでだいたい決まってしまうからです。

 

例えば、テクノロジーの進化によって、今後オワコン化していく職業についてしまうと先がありません。給料どころか、首を切られる可能性も考えられます。

オワコン化している職業例

  • 事務
  • 銀行
  • 出版業界など

例えば、事務系の仕事をしている人はすぐに転職を考えた方が良いでしょう。

理由は、現在多くの企業がRPA(ロボットによる業務自動化)という技術の開発や導入に躍起になっています。この技術は、あと数年で浸透していくだろうと言われています。

そうなってくると、事務の仕事は真っ先に無くなってきます。

 

同じように、テクノロジーの進化で銀行の仕事もなくなってくるし、出版業界に関してもオワコンは有名な話ですね。

 

お得な職業とは?

「それじゃあ、お得な職業ってなに?」

この質問に対する、僕の解答は以下です。

「時流に乗れる、かつ積み重ねが可能な職業です。」

 

具体例を挙げるなら、エンジニアです。

現在、人手不足が騒がれていたり、2020年には小学校の授業で必修科目にもなっているプログラミングに関する仕事です。

MEMO
私の知り合いに、エンジニアが何人かいるのですが、皆さん給料の伸び率が他の業界に比べるとかなり高いです。3年間で年100万円以上給料が伸びるなんて普通だし、フリーランスになって7桁稼ぐ人とかもいます。これは技術の積み重ねがあるから可能ですよね。

“高橋”

ちなみに、僕もこの事実に気づいてからエンジニアを目指し始め、未経験からのエンジニア転職に成功しました。
未経験からのエンジニア転職は可能なのか?実際にやってみた!【体験談】

 

個人の時代が来ている?!副業で稼ごう!

世の中の流れをみていると、完全に個人の時代が来ているなと感じます。

というのも、今や個人の力で100万以上稼ぎだす人もいますし、副業解禁の流れからしても今後個人で稼いでいく人が増えていくのではないかと思います。

 

確かに、サラリーマンを続けながら副業で月100万円稼ごうとすると、きついものがありますが、月5万円くらいであれば全然達成可能だと思います。

例えば、手取り15万円のワーキングプアが月5万円稼ぐと月収が20万円になるため、生活が楽になりますよね。また、20万円から稼ぎを増やしていけば、どんどん豊かになります。

副業に関しても、ただお金が得られるものではなく、しっかりとした積み重ねがあるものを選んでやることがおすすめです。以下おすすめな副業を挙げていきます。

 

ブログ

ブログは副業としてかなりおすすめです。理由は初期費用が少ないからです。

仮に失敗したとしても、初期費用が少ないためノーリスクです。

さらに、ブログは自分の興味のあることや、好きなことをテーマに書いても良いので、趣味としても始められるし、その上お金も稼ぐことができるのです。

【副業】個人のブログアフィリエイトで月5万円稼ぐまでにやったことまとめ

 

低リスクの投資

お金を増やすために必ずやっておきたいのが投資です。

投資は、やはりリスクがありますし、少ない給料を一生懸命貯めて投資に失敗したらやる気がなくなりますよね。だから、低リスクかつほったらかしで積み立てられるものがおすすめです。

具体的に言うと、ロボアドバイザーへの投資です。正直、月3〜5万円増やすのは難しいところがあるでしょうか、少しづつ積み立てつつ残高が増えていくので、初心者にはかなり良いと思います。

ロボアドバイザーで毎月5万円の不労所得【リスクの少ない資産運用】実績公開中!

 

ワーキングプアから脱出した体験談

恥ずかしながら、僕は過去に人に騙されたことがあり、その時はニートでした。

日本社会は1度底辺に落ちると、そこから這い上がるのは厳しいです。

【体験談】底辺から這い上がるのは相当困難?!あなたが貧困から抜け出すには?

当時、ノースキルだった僕にとって、ワーキングプアから脱出する気力も方法もありませんでした。

しかし、上の記事にもある通り、小さな行動と小さな成功を積み重ねることで、見事貧困から抜け出すことができました。貧困から抜け出すために僕がとった方法は以下のような手順でした。

  1. ニート+金なしだったのでまずは働いた
  2. お金が貯まらなかったので、リゾートバイトへ出かけた
  3. 貯めたお金で、投資(仮想通貨+ロボアドバイザー)をやったりブログを始めた
  4. 貯めたお金でプログラミングを勉強した
  5. 副業で月5万を達成した
  6. プログラマーとしての就職が決まった

上記のように、まずは小さな行動を積み重ねました。うまくいった行動のみ取り上げましたが、そのほかにも、トライの数で言えばもっといろんな行動をとりました。

“高橋”

これはあくまで持論なのですが、少ない給料かつ、先のない業界、積み重ねのない仕事をやるくらいなら、リゾートバイトにでも行ってサクッとお金を貯めてから新しいこと(仕事)を始めた方がよっぽど先があると思います。
【体験談】リゾートバイトで人生変えた僕が伝えたいたった1つのこと

 

ワーキングプアから脱出するために

当然ですが、ワーキングプアから脱出するために、努力は必要です。

ワーキングプアは蟻地獄のようなものです。一度ハマってしまうと、抜け出すのにかなりの労力を使いますし、長いこと蟻地獄の中にいると、それだけで体力も気力も吸い取られたしまいます。

 

まずは、いち早くこの蟻地獄から抜け出すために行動に移しましょう。

そして、圧倒的に努力しましょう。

【努力の方法】圧倒的な努力を達成するための『努力の作法』とは?

一度、地獄を見ている人は地上にさえ出られれば、生きるのは容易く感じます。だから一刻も早く抜け出すための行動に移すことをおすすめします。

 

おすすめ人気記事

リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング!大手全ての派遣会社を経験した僕が語る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です