お金持ちになった人の本を読んだら、全く同じ方法が書いてあったからシェアしようと思う。

どうも、金の亡者こと高橋(@motootikobore)です。

フリーター時代に暇を持て余していた時のことです。

高橋

なぜ僕はこんなに貧乏なのだろう?働いても働いても貧しいままじゃないか。お金が欲しい!お金持ちになる具体的な方法が知りたいな!

そんなドロドロした欲望から、お金持ちになる方法が書かれている本を腐るほど読みました。

すると複数の本に書かれていたある共通の方法を見つけました!

今日は、複数の本に書かれていた、お金もちになる具体的方法をシェアします!

お金持ちになるには?

お金持ちになるにはお金を増やさなければいけません。お金を増やす方法は大まかにいうと2種類しかありません。

  1. 稼ぐ量(給料などの収入)を増やす
  2. 稼いだお金で投資する

本に書いてあった内容は主に、2についてです。すなはち、投資をしてお金を増やしていくという戦略をとります!しかし、ただ投資だけをするわけではありません。

具体的に金持ちになる方法とは?

本の中に書いてあった共通するお金持ちになる方法とは、3分の1投資法という方法です!

つまり、収入の3分の1もしくは4分の1くらいを投資に回していくという方法です。

MEMO
例えば、月々の収入が20万円だったと仮定します。その月は15万円でなんとか生活を回していき、残りの5万円を投資、または投資のための貯蓄に回していくというやり方です。

具体的に何に投資するかの部分は、当然本によって違っていましたし、時代が動いていますので、参考になりませんでした。

大事な点は、収入のうちいくらか(なくなったらちょっと厳しいけど生活できなくはない金額)をはじめからなかったことにして、それを投資に回していくという点です。

毎月の暮らしは多少なりとも厳しくなりますが、そこはお金のため、どれだけ頑張れるかということです。

年収の低いサラリーマンで億万長者になることも可能

参考 年収300万、40代で2億貯めた男の通帳履歴 掃除夫がみつけた株取引の鉄則

年収が低くても、低い年収から投資資金を捻出して運用し、億万長者になるのはどうやら鉄板のメソッドみたいです。

また、自分で投資をするのが嫌だorリスクをとるのが怖い人はコチラの記事を参考にどうぞ!

【口コミ・評判】ウェルスナビ(ロボアドバイザー)で、安定した低リスクの新しい投資をはじめませんか?

今流行りの投資法で、超優秀なAIがあなたの代わりに手堅い資産運用を行ってくれるサービスです。

具体的にお金持ちになる方法が載っていた本とは?

では、3分の1投資法が書いてあった本などをいくつか載せておきます!

この本はバビロンという古代都市が舞台のストーリーです。古代のバビロニアはお金を稼ぐのが非常に上手かったらしく、富を作るための不変の原理を学ぶことが出来る本です!非常に勉強になること間違いなし!

明治時代から昭和時代にかけて、学者や造園家として3分の1投資法(4分の1天引き貯金)を続け、巨万の富を築きあげた男の 実録です。注目すべき点は本多さんが元々金持ちだったのではなく、貧乏生活から出発して0から億万長者になった点です。お金の教養としてためになる本です!

まとめ

上記で述べてきた方法は、どれもすごくシンプルな方法ばかりでしたね。しかし、お金持ちになる方法とは実はどれもシンプルなものばかりなのかもしれません。

紹介した方法は、一晩で大金持ちにとか、あっという間に億万長者のような一攫千金を狙うような方法ではありません。

少しずつだけれども、堅実にお金持ちになる方法です!

僕も今試しているところですし、結果が出るまで時間がかかりますが、興味のある人は試してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です