スキー場バイトが大学生に超絶おすすめな件。失敗しないためには?

リゾートバイトのオススメ派遣会社ランキング

全ての派遣会社を経験したので、自信を持って言えます!

アプリリゾート(はたらくどっとこむ)(詳細情報)

アルファリゾート(詳細情報)

ヒューマニック(リゾバ.com)(詳細情報)

[4位] グッドマンサービス(リゾートバイト.com)(詳細情報)

こんにちは、高橋(@motootikobore)です。

 

大学生

大学生でスキー場バイトに興味はあるけど、とても不安だー。スキー場バイトで失敗したくないなー。

 

そんなあなたに、スキー場バイトで失敗しないための方法を伝授します。

 

住み込みバイトに関してはかなり経験者なので、今回は経験に基づいて、大学生にスキー場バイトがおすすめ理由と、失敗しないスキー場での住みこみバイトの方法を述べます。

“高橋”

僕は、過去に2シーズンスキー場で住み込みのバイトをしていました(大学時代を含む)。また、スキー場に限らず住み込みでのバイト(リゾートバイト)経験はもうすぐで合計3年になります。

スキー場バイトが大学生に超絶なおすすめな件

スキー場バイトが大学生におすすめな理由は以下です。

  • 1.短期間で普通のアルバイトをするより貯金できる
  • 2.スキー、スノボー滑り放題で遊べる!
  • 3.仲間が出来る!恋人もできるかも?!

1.短期間で普通のアルバイトをするより貯金できる

冒頭でも述べた通り、僕は過去に2回スキー場バイトに行った経験があります。

 

初めてスキー場のバイトに行ったのは、大学生の時でした。

当時の勤務環境はこんな感じです。

場所越後湯沢(新潟県)のスキー場
期間2週間
職種調理補助
交通費全額支給
寮環境相部屋
食事条件1日2食後払い(実質無料)
貯金額10万円

 

大学生が、飲食店などの普通のアルバイトで10万円貯金しよう思うと、1ヶ月はかかってしまうのではないでしょうか?

しかし、住み込みでのアルバイトなら2週間で10万円も貯金できました。

 

給料は、2週間で10万ちょっとでしたが、お金を全く使わないので、稼いだ金額がまるまる貯金できます。

 

2.スキー、スノボー滑り放題で遊べる!

1回目、2回目共に、スキーやスノーボードが無料で滑り放題でした。

 

レンタル、リフト代も無料だったので、無料で遊ぶ事ができました。これもスキー場で住み込みバイトをする大きな特権の1つです

飽きるほど、スノーボードに打ち込む事ができました。

 

“高橋”

ちなみに、僕はスノーボードの経験がほとんどなかったにも関わらず滑ってました。中には、スキーやスノーボードの経験が全くない人でも、毎日滑る事によって、帰る頃にはかなり上達して帰っていく人もいましたよ!

スキーやスノボーをやった事がない人でも、無料で滑れるのならばやってみるのも、新しい経験としていいかもしれませんね!

 

3.仲間が出来る!恋人もできるかも?!

スキーやスノボーシーズンなら、同じように大学生がたくさんきているはずです。(大型のスキー場なら特に)

同じような思想や考え方を持って集まった人、そうでない人様々ですが、新しい出会いの確率は大幅に高まります。

 

また、短期間であれば恋人になって帰るまでは難しいかもしれませんが、異性との出会いは普段よりも多くなるでしょう。

 

“高橋”

中には、短期間で恋人になって帰るカップルや、恋人を作るために住み込みのバイトに来たという人もいて、とても驚きました。まあ、僕は出来なかったんですけどね。

大学生がスキー場で失敗したくないなら

実際にスキー場バイトに興味は持ったけど、失敗するのが不安だと思っていませんか?

 

失敗しないためには以下に気をつけましょう。

  • バイトと言えど、体力勝負!なめてかかるのは禁物。
  • 個室を選ぶのがおすすめ
  • 派遣会社を通して行くべき

 

バイトと言えど、体力勝負!なめてかかるのは禁物。

まずは、スキー場での住み込みの仕事で、せいぜい大学生のアルバイト感覚でなめてかかるのはやめましょう。

 

特に年末年始なんかは繁忙期で、1年で一番忙しいと言っても過言ではありません。結構な体力勝負となります。

バイトと言っても、あくまで仕事なので真摯に取り組む事が大事です。

 

とは言え、大学生に難しい事は求められません。なので、身構えすぎる必要もないのが実情です。

 

個室を選ぶのがおすすめ

“高橋”

僕は、最初のスキー場バイトでは、相部屋を選んだ結果、男数人で2段ベッドのタコ部屋に派遣されました。

プライベートが全くなく、仕事や遊びの疲れとストレスから同居人は喧嘩しだして最悪でしたね。(苦笑)

 

スキー場バイトは特に、相部屋での求人がとても多いです。

個室の求人は人気で、個室から先に求人がなくなっていくので、個室が良い人は早めに探し始めることをおすすめします。

 

派遣会社を通して行くべき

スキー場バイトは、直雇用派遣会社を通して派遣される2パターンがあります。

 

直雇用の場合は、自分でネットや電話をして応募しなければいけません。

 

一方、派遣会社は最低1社に登録するだけで、様々な求人を紹介してもらえるし、勤務地に行くまでのサポートもしてくれます。

なので、圧倒的に派遣会社を通してスキー場バイトに行くのがおすすめです。

 

大学生の短期のスキー場バイトでおすすめの派遣会社を紹介しておきます。

アプリリゾート(はたらくどっとこむ)

  • 業界で2番目に大きい派遣会社です。
  • 求人数も多いですし、サポート体制で1番評判の会社です。

公式サイト:はたらくどっとこむ

・ヒューマニック

  • 業界NO1の老舗企業です。
  • 求人数が最も多いので、仕事が1番決まり安いです。

公式サイト:ヒューマニック

MEMO
短期求人の数は、長期求人に比べると少ないので、求人数の多い派遣会社を選んであげる事がポイントです!ぶっちゃけサポートに定評のあるアプリリゾートが1番おすすめですが、仕事が決まらなかった時のためにヒューマニックにも登録しておくことをおすすめします。

他にもおすすめな派遣会社はあるのですが、短期求人に限ると上記2つの派遣会社になります。

 

ちなみに、登録は公式サイトにアクセスするとできます。

 

スキー場バイトのQ&A

スキー場バイトに持っていくべきものは?

派遣会社に登録すると、持ち物リストがもらえますので、その通りに持っていくと良いです。

“高橋”

僕が過去に持っていてよかったものは、電子ケトル、カップ麺(お腹空いた時のため)、インスタントコーヒー、wifiです!

スキー場バイトの職種選びはどれがおすすめ?

スキー場バイトの職種には以下のようなものがあります。

スキー場バイトの職種一覧

  • ホテルレストランのホール
  • 調理補助
  • フロント
  • レンタル係(スキーやスノボー用具)
  • リフト係
  • 客室清掃
  • ゲレンデ整備係(免許が必要かも?!)
  • 駐車場整備
  • パトロール
  • インストラクター(スキー、スノボー)

大学生

たくさんありすぎて分からない!

 

目的によってオススメ度は変わります。

勤務地によって、違いはありますが、客観的にみて以下のように分類できます。

  • 楽がしたい → リフト係(リフトの監視をする。)
  • 貯金がしたい → レストランホール
  • 出会いが欲しい → レストランホール、レンタル
  • 滑りたい → ゲレンデ整備係

滑りたい人は、正直どの職種でも滑れます。

 

スキー場バイトは勤務地はどこがおすすめ?

全国のリゾートバイト仲間の中でも好評なスキー場は、北海道のニセコや長野県の白馬、新潟の越後湯沢、関東だと栃木や群馬のスキー場も評判が高いです。

 

“高橋”

滑りたい人は、ぜひ北海道がおすすめ!寒いですが、サラサラのパウダースノーの上を滑ってみたくないですか?!

ぶっちゃけ行ってみたい所にいくのがベストです。

 

でも、小規模のホテルなどに派遣されると、出会いがあまりなかったりすることもあるので注意が必要です。

また、稼ぎたい人は派遣会社の人に稼げる現場を希望しましょう。

 

交通費は支給されるの?

基本的に交通費は支給されます。

 

でも、全額支給という訳ではなくて、上限が決まっています。

上限は勤務地や派遣会社によって違うのですが、上限1万5000円や2万円などの条件があります。

 

交通費が気になる人は、派遣会社の人に確認してみましょう。

食事は出るの?

食事の条件も勤務地によって変わります。

 

全部無料で食べれる所もあれば、勤務日だけ食べれる所などがあります。ほぼ全ての現場で食事補助はでます。

また、先に自分でお金を払ってご飯を食べ、給料日に給料と一緒に振り込まれる後払い方式などの所もあります。

 

食事条件に関しても、派遣会社の方に確認してみましょう。

大学生の時に住み込みでのスキー場の経験をして

住み込みでのスキー場バイトは、年末年始に行ったので、結構ハードだった思い出があります。

 

また、毎日滑りたいと思っても、仕事の疲れから中々滑れない日が続いたりもしました。

 

でも、ハードだったからこそ大学生にしては短期間で多くの貯金(2週間で10万円)が出来たし、楽しかったし、かなりの充実感を持って帰れました。

 

総括すると、とても素敵な体験が出来た!また、大学生に戻って住み込みでのスキー場バイトに行きたいと思える体験でした。

関連記事

【超おすすめ】リゾートバイト完全マニュアル【リゾートバイトの教科書】

2 Comments

ヤマダ

中退、ニート、詐欺、借金、仮装通貨、プログラミングなど要素が多くて読んでて面白いですwww本田健さんみたいです。

質問があります。
スノボ経験なしでスキー場でリゾバをされたときは、スノボウェアや板、靴、インナーなどはどうされましたか?貯金がないけどスキー場でリゾバしたいです。やはり最初の給料をもらって、ネットで道具一式を買うしかないですか?
お願いします!

返信する
高橋徹

コメントありがとうございます。

本田健さんみたいなすごい人と一緒にしないでください。(笑)

僕が働いていたところは、板とウェアとブーツを無料でレンタルしてくれました。(インナーや手袋、帽子は防寒対策で自分が持っていたものを使いました。)
ただし、中には割引レンタル(有料)の所もあります。

滑るのにこだわりがあるのであれば買うのも手ですが、派遣会社の人に、「レンタル無料のところ」という条件で求人を探してもらうのがオススメです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です