ノアコインがATAIXに上場!ATAIXってどんな取引所?!世界進出にまた1歩前進!

日本のおすすめ仮想通貨取引所・交換所!

(現在、ノアコイン購入にはビットコインが必要です。)

DMM Bitcoin

→大手なので、セキュリティーに定評があります。手数料は業界最安値水準です。最大11万1000円キャッシュバックキャンペーン開催中(2月1日まで)

BITPOINT

→サッカーの本田選手を広告として起用し、セキュリティー対策もしっかりしています。多くの取引手数料が無料。そして、FXでは最大25倍のレバレッジ取引が出来ます!

こんにちは、高橋(@motootikobore)です。

本日(2018年12月6日)に、ノアコインがATAIX(エストニアの取引所)に上場しました。

このニュースはノアコインにとって非常に重要な意味を持っています。

ATAIXとはどんな取引所なのか?また、このATAIXへの上場がどんな意味をもたらすのかということについて述べます。

ATAIXってどんな取引所?

ATAIXとは、2018年の11月にオープンした、仮想通貨の取引所です。

オープンしたばかりですし、エストニアという私たちからすれば馴染みが薄い国であるために、あまりイメージがしにくいかもしれませんが、大きな意味を持っています。

上の画像を見てわかる通り、ビットコイン、リップル、ADA、イーサリアムなど、数々の有名なコインの中にノアコインが含まれているのが分かります。

エストニアはIT国家?!政府も積極的で国をあげて取り組んでいる?

人口134万人(日本で言うと奈良県くらい)というヨーロッパに位置する小国であるにも関わらず、あまり知られていないことなのですが、実はエストニアはIT先進国なのです。


行政サービスの99%が、既に電子化していて、あらゆる行政手続き(結婚や離婚届け、不動産売却以外)をオンラインで完結することができるのです。

また、日本でも有名なサービスである「Skype」が創業された国としても有名で、これらの理由によりIT先進国として有名なのです。

ブロックチェーン技術に関しても盛んで、エストニアは2008年に既にブロックチェーンをテスト開始し、いまでは様々なところでIT国家を支える基盤技術として実用化されています。(仮想通貨はブロックチェーン技術が基盤となっています。)

ノアコインのATAIX上場が持つ意味

ノアコインは当初から、世界進出を目指しているということを掲げて来ました。

ノアコインが掲げて来た戦略については以下の記事をどうぞ。

ノアコインとは?チャート、価格、評判、詐欺?知っておくべき詳細情報はこちら!!

そして、今ではイギリス、インド、アメリカ、ロシアなど様々な国で上場を果たして来ました。

これに加えてエストニアというIT大国に上場を果たしたのは大きな意味を持っています。

この上場で、ノアプロジェクトが元より掲げて来た世界進出に拍車がかかることになるとともに、ノアプロジェクトの進捗具合が重要であるということが分かります。

今回の上場は価格に影響を及ぼすことはありませんでしたが、今後にとってプラス材料であることには違いありません。

ノアコインの最新情報

ノアコインの最新情報に関しては、以下の記事で述べています。

【ノアコイン最新情報】進捗具合から見る年末〜2019年の価格予想!

直近でも、様々なポジティブな情報が流れてくることでしょう。

ちなみに、価格の上昇に大きな影響を与えることが予想されている、大手取引所への上場が最終段階であるという話が前々から流れて来ていますが、かなり直近に発表されるのではないかという噂が出回っています。


あくまで噂ですし、真実は運営サイドしか分かりません。

仮想通貨の未来について

ノアコインに限らず、仮想通貨はまだ始まってすらいないというのが私の考えです。

仮想通貨はお金であり、決済として使われないとお金としての役割を果たしていないからです。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

仮想通貨はオワコン?ホリエモン「仮想通貨はオワコンじゃない。どれだけ落ちても僕は君を逃さない」

仮想通貨業界全体で、価格は大幅に下落していますがまだまだ終わっていないというのが私個人の考えです。今後も仮想通貨関連のニュースから目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です