フリーターで何が悪い?世間体を気にせず我が道を行くべき明確な理由とは?

どうも、高橋(@motootikobore)です。

 

  • フリーターは何が悪いの?
  • このままフリーターでいてもいいの?

 

こんな疑問に答えます。

 

高橋

僕は、もともとしがないフリーターだったので、元フリーターの面から見た、フリーターでいることのメリット、デメリットや、今後フリーターでいることのリスクなどについて語ります。

結論からいうと、フリーターでいることは全然悪いことではないです。

 

ただし、ただ毎日同じ作業の繰り返しで成長しない場合は、フリータだと将来が厳しくなるという話です。

 

でも、やり方次第では全然成り上がるチャンスがあふれています。今回は、その具体的方法も紹介します。

フリーターでいることのメリット・デメリット

フリーターのメリット・デメリットは以下です。

フリーターのメリット

  • 正社員に比べて自由度が高い
  • 平日に休みが取れる
  • 精神的に気が楽

フリーターは正社員に比べて、自由度が高いと思います。好きな時に休みが取れるし、自分の時間が取りやすかったりします。

また、夕方から勤務の場合は、朝の満員電車を避けれたりするので、メリットがない訳ではないでしょう。

フリーターのデメリット

  • 給料が低い
  • 世間からの厳しい目が気になる
  • 安定はしない

フリーターは誰でも出来そうな仕事をやる人が多いので、必然的に時給がやすくなり、給料が低くなります。

 

また、世間からの目がどうしても気になってしまいます。

何故ならば、フリーター=「信用がない」状態だからです。

 

MEMO
例えば、あなたのバイト先に1人学生が入ったとします。その人は仕事が出来ないけれども、ある日、東京大学の学生であると知った場合、その日からその人への見る目が変わりませんか?

 

信用とは、肩書きのようなもので成り立っていて、フリーターという肩書きはブランド価値が全然ないからです。(誰でもなれるため)

だから、世間から冷たい目で見られるのはしょうがない事なのです。

 

いちいち世間からの目を気にしていても良いことはありません、気にしないことをおすすめします。

フリーターでいることは悪いことなのか?

フリーターでいることは世間からの目を無視すれば、全然悪いことではありません。

 

ただし、フリーターのままい続ける事はかなりのリスクです。以下でその理由を語ります。

一生時間給から抜け出せない。

フリーターでいると、一生時間給で働いていくことになります。

 

これは、かなりのリスクであり、一生自分の時間を犠牲にして誰でも出来そうな労働によってお金を得ていかなくてはなりません。

 

今後、30歳、40歳、50歳と歳を重ねていったとしても給料はほとんど増えず、むしろ、体力低下によって給料は下がっていく可能性も考えられます。

今はいいけど将来は茨の道かもしれない。

先日、お寿司屋さんに行った時の話です。

 

久しぶりに、とあるチェーンのお寿司屋さんに行くと、出迎えてくれたのはなんとロボットでした。

ロボットに情報(何人で来たかなど)を入力して、席まで案内されました。ここまで人件費は全くかかっていません。

 

つまり、何が言いたいかというと今後、AIによってフリーターの仕事がどんどんなくなっていくということです。

「まだ先のことだろう」なんて安心していたら足元をすくわれるかもしれません。

テクノロジーの力は強大で、ものすごいスピードで発展を遂げています。

馬鹿にしたやつを見返したい!フリーターから成り上がる方法

フリーターでいることのリスクは分かったけど、実際に何をすれば良いか分からないという人向けに説明していきます。

 

貯金0のフリーターが成り上がる具体的方法を述べていきます。

資金のないフリーターはこのように這い上がることができます。

  1. リゾートバイトをしながらお金を貯めつつスキルを身につける
  2. リゾートバイトで貯めたお金を自己投資してスキルを確立する
  3. 確立したスキルを使ってお金を稼ぐ

1.リゾートバイトをしながらお金を貯めつつスキルを身につける

貯金がないという人は、まず軍資金が必要となるのでリゾートバイトに行って軍資金を短期間で貯めることをおすすめします。

 

リゾートバイトに関する情報は以下の記事をどうぞ!

【保存版】リゾートバイト初心者におすすめ!経験者が語るリゾバの全て

リゾートバイトは貯金しやすいというメリットがあるだけでなく、自由時間が比較的たくさんあるという利点もあります。

 

この利点を生かして、リゾートバイト中に何かスキルを身につけるべきです。スキルさえ身に付けてしまえば、人生の選択肢はグッと広がります。

おすすめのスキル

  • プログラミング
  • ブログ
  • 自分の興味のあるスキル(英語など)

プログラミング

プログラミングを極めれば、雇われずに自由にたくさんのお金を稼ぐことが出来ます。

実際に稼いでいる人の情報を得た方が良いと思うので、興味のある人はこちらのブログを参考にしてみてくださいね。

参考 ホームページ未経験からエンジニアに転職してもいいんじゃない?

ブログ

ブログは控えめに言っても最高だと感じています。

自分の体験や知識をアウトプットした思考の整理が出来ますし、うまくいけばお金も稼げます。自分の体験や知識がコンテンツになるのです。

さらに、良い記事を書けば困っている人を助けれます。

 

ブログに関しては「manalog」を運営するマナブさんのブログが非常に参考になります。

参考 【完全初心者向け】プログラミング学習の始め方【3ヶ月で達成できる】 manalog

マナブさんは、月にブログで200万の収益をあげているすごい人です。

 

自分の興味のあるスキル(英語など)

2つスキル例を紹介しましたが、結局は自分の興味のあることをやるのが1番です。

受動的ではなくて能動的になった方がスキルの習得度が高いというデータも出ています。

 

ちなみに、「英語を学ぶために留学したい!だけど貯金がない!」という人のために、以下の記事で0から留学するための具体的方法を綴っています。

留学したいけど英語を話せないしお金ない!0から楽に留学する方法

MEMO
いくつかスキル例を紹介しましたが、スキルを習得する際の注意点として、複数のスキルを同時に身につけようと思うのではなく、1つのスキルに集中して身につけることをおすすめします。あれこれ手を出しても良いことがありません。ただし、ブログに関しては、相互作用があるので複数やるのはありです。

2.リゾートバイトで貯めたお金を自己投資してスキルを確立する

リゾートバイトは3ヶ月ほどやれば、50万ほどの貯金はできます。

なので、この50万円を使って自己投資に励みましょう。

具体的に言うと、プログラミングならプログラミングスクールに通うとか、ブログなら有料のコンテンツを購入する、英語なら英会話教室に行くということが挙げられます。

ここでスキルの確率を図り、自分のスキルを強固なものにしていきましょう。

3.確立したスキルを使ってお金を稼ぐ

最低半年くらいの期間をかけてスキルを身につけておくことをおすすめします。

ただし、ここまででスキルはある程度身について状態かもしれませんが、一生もののスキルとは言えません。

スキルを熟成させていくために、お金を稼ぎながらスキルにも磨きをかけていきましょう。

失敗したとしても、また1からやればいいだけなので、ノーリスクでスキルの習得ができます!

この記事を読んでフリーターから正社員を目指したいなら

今までは、フリーターでやっていこうと思っていたけど、この記事を読んで気が変わったという人向けに、フリーターやニート向けの転職サービスを紹介しておきます。

10~20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した就職サポート「ウズキャリ」

「ウズキャリ」というエージェントです。特徴は以下です。

ウズキャリの特徴

・既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上

・書類通過率87%超え

・10代や20代のフリーターやニート、既卒などに特化した転職サポートを行っている

・ブラック企業を排除している

キャリアカウンセラーの方も、9割が元既卒・第二新卒で同じ悩みを把握しているため親身になって就職のためにサポートしてくれるでしょう。

興味のある方は上の公式HPから、会員登録をしてみてくださいね。会員登録はもちろん無料でできます!

 

また、正社員を目指すならバイトルNEXTも外せません。

日本最大級のアルバイト求人サイト「バイトル」から生まれたサービスで、

  • 「正社員で働いたことがないけど、正社員としてデビューしたい」
  • 「いまま でやったことがない仕事がしたい」

といった方向けに正社員の案件を紹介してくれます。

興味のある人は、バイトルNEXT公式ホームページより、無料でできる登録をして、求人を確認してみることをおすすめします。

一生フリーターでも良い。でも、現状維持が1番のリスク

何もしないということが1番のリスクであることを把握しておくべき。

 

フリーターは正社員と比べて精神的に楽だけど、フリーターのまま何も成長せずに毎日を過ごしていたら、泣きを見るのは間違いないです。

裏を返すと、正社員になったからといって毎日同じことの繰り返しで全く成長しないという人も必ず将来泣きを見ます。

 

正社員は時間給ではないかもしれないけれども、昇進のスピードが遅く、残業続きで毎日を過ごすような生活になれば、結局はアルバイトの延長でしかないのです。

つまり、フリーターや正社員などの肩書きにこだわらず、毎日成長して「信用」を若いうちから積み重ねておくことが最も大事なのです。

 

この事実をしっかり把握して毎日を「成長」のために使える人と、ただ何も考えずに思考停止状態で毎日を過ごす人では数年、数十年単位で必ず大きな差となって現れるでしょう。

行動にフォーカスすべし

今日のこの内容を一度流しみして、共感した人やしない人が出てくるでしょう。

共感した人は、しっかりと行動にフォーカスすべきです。ただ理解して何もしなければ、明日になれば完全に忘れている可能性が高いです。

なので、共感した人は今すぐに行動にうつしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です