[CMで話題】TEHO(テオ)+DOCOMO、新しい「お金の生存戦略」とは?

こんにちは、高橋(@motootikobore)です。

TVCMで話題のサービスの紹介です。

その名も「TEHO(テオ)+DOCOMO」です。

ちなみに、話題のTVCMは以下です。

コンセプトは「攻めすぎない、守りすぎない、第3の選択肢 ”お金の生存戦略”」

TEHO(テオ)+DOCOMO」とは一体どのようなサービスなのでしょうか?

以下で解説していきます。

THEO(テオ) ロボアドバイザー

TEHO(テオ)+DOCOMOのサービス内容

TEHO(テオ)+DOCOMOとは、ロボアドバイザーのTHEO(テオ)とDOCOMOが業務提携を結んだことによって、2018年5月16日より始まった、どこもユーザー向けのサービスです。

TEHO(テオ)+DOCOMOと契約し、お金を預けておくことによって、自動的、ほったらかしで投資を行ってくれるサービスです。

1万円から自動的に資産運用が出来てしまうんです。

TEHO(テオ)+DOCOMOのメリット

TEHO(テオ)+DOCOMOのメリットは以下です。

  • ほったらかし、自動的に優秀な機械(AI)が資産運用を行ってくれる
  • dポイントがもらえる、貯まる!
  • お買い物のお釣りで自動積立が出来る

ほったらかし、自動的に優秀な機械(AI)が資産運用を行ってくれる

  • AIを搭載している
  • プロモ採用している投資手法で運用
  • ノーベル賞受賞者の提案した2つの理論に基づいた投資が可能

dポイントがもらえる、貯まる!

  • 預ける資産額によって、dポイントがもらえる
  • ドコモ回線ならポイントが1.5倍!

お買い物のお釣りで自動積立が出来る

  • dカードでお買い物すると、事前の自動設定により、そのお釣りを自動積立が出来る
  • 知らないうちに資産が増える可能性も!

TEHO(テオ)+DOCOMOのデメリット

TEHO(テオ)+DOCOMOのメリットは以下です。

  • あくまで投資なので、損する可能性もある
  • DOCOMOユーザーがより得するようなサービスである
  • 低リスクだから、大儲けは出来ない
  • 手数料が若干高い

 あくまで投資なので、損する可能性もある

  • どんなに優秀な人や機械でも損する可能性も十分ある
  • ただし、リスクは少ない。

DOCOMOユーザーがより得するようなサービスである

  • DOCOMOユーザーの方が得できる。
  • DOCOMOユーザーならドコモ口座と連携してお金の管理が便利

低リスクだから、大儲けは出来ない

  • 低リスクということは、すぐにお金がたくさん増えるということはない
  • お金が貯まるまでには時間がかかる。コツコツ型の資産運用。
MEMO
景気が良い時は好調だったりもしますが、不景気の時はその影響をモロに受けることも。

手数料が高い

  • 自分で投資を行うより、手数料が若干高い
  • その投資手法(海外へのETF取引)と、システムの運用のためしょうがない。

TEHO(テオ)+DOCOMO利用者の口コミ・評判は?

ネットでは、黒字になっている人の成績を見ることができました。

MEMO
ちなみに、「TEHO(テオ)+DOCOMO」と投資アドバイザーのTEHO(テオ)の機能、投資手法は全く同じです。


こちらの方は、損しているという意見ですが、完全放置が楽だという意見です。


このように、景気の影響を受ける。最近は、損しているという意見が結構見られます。

投資はやってみることに意味がある

投資はとても勉強になるので、仮に損をしたとしてもやってみることに意味があります。

また、TEHO(テオ)+DOCOMOに関しては、その自動積立機能もかなりのメリットです。多少のマイナスで、家計を圧迫したとしてもお金は自動的に積みたてられますからね。

どこもユーザーならこの機会に、TEHO(テオ)+DOCOMOで投資を始めてみるのも良いかもしれないですね。

THEO(テオ) ロボアドバイザー

投資は、ロボが。人生は、あなたが。 THEO

また、DOCOMOユーザーじゃなく、TEHO(テオ)のように2018年に流行した、ロボアドバイザーに興味がある人は、ウェルスナビの方がおすすめです。

ウェルスナビに関しては、以下の記事を参考にどうぞ!

【口コミ・評判】ウェルスナビ(ロボアドバイザー)で、安定した低リスクの新しい投資をはじめませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です