ニートになりたい?ニートになる方法はあるけど、ニートだって楽じゃないよ

こんにちは、高橋です。

ニートになりたい人

仕事が辛すぎて、もはや働きたくない。いっそのことニートになりたい。もはや、生きるためだけに働くのは嫌だ…

上記のような悩みを解決していきます。

結論から言うと、ニートになる方法はあるけれども、ニートだって楽ではないということを伝えたいです。

“高橋”

ちなみに、この文書を書いている僕は、元ニートです。そこから這い上がり、未経験からの就職に成功しました。なので、今回は体験談を踏まえつつ述べていきたいと思います。今はやりたいことをやる人生を歩んでいます。

ニートになりたい?ニートになる方法はあるけど、ニートだって楽じゃないよ

あなたは、働くのが辛すぎるからニートになりたいと考えているかもしれません。

でも、ニートだって楽じゃないんです。

 

そりゃあ最初は楽しいかもしれません。ただし、ニートは1ヶ月で飽きます。そして、やることがなくなり社会から孤立したことからくる孤独感が襲ってきます。

徐々に心が蝕まれていき、もう2度と社会に戻ることはできないのではないかという不安が押し寄せてくるのです。ニート期間が長ければ長いほど、先の見えない長いトンネルに一人迷ってしまったかのような感覚に襲われます。

ニートだって楽じゃない。

 

ちなみに、ニートになりたいのであれば、手段は選ばなければいくらでもあると思っています。

例えば、親や恋人に養ってもらうという方法があります。世間的に見ればクズですが、これでニートにはなれますよね。

さらに、自分でブログなどの副業を始めて、稼いでいく方法もあります。

【副業】個人のブログアフィリエイトで月5万円稼ぐまでにやったことまとめ

“高橋”

僕は趣味ブログで月5万円(不労所得)を達成しましたが、仕事をやめてフルコミットすれば、ブログだけで生活していくことはできそうです。あとは、ある程度貯金を貯めて、生活費のかからない田舎にでも引っ越せばニート完了です。

田舎であれば、月10万ちょっとあればニートは可能かなと思います。

上記の通り、ちょっと考えただけでもニートになる方法は思いつくので、世の中にはまだまだニートになる方法は転がっているんだと思います。

そもそもなぜニートになりたいと思ったのか?

ニートになりたい理由とは?

あなたがニートになりたいと思った理由は以下のような感じではないですか?

ニートになりたいと思った理由
  • 生活するためだけに仕事をしている
  • 仕事が忙しくてきつすぎる
  • 人生の大半を仕事につぎこむようになってしまった
  • 仕事の人間関係に疲れている
  • 心にゆとりがない
  • 自分の時間が持てない

上記の理由を分析してみると、

ニートになりたい」という思いよりかは、「働きたくない」という思いの方が強いのではないでしょうか?

つまり、自分にとって楽しいと思える仕事に出会えれば、ニートにならなくても良いということではないでしょうか。

 

働きたくないなら、人生について考える時間を取るべき

あなたは自分の人生についてよく考えたことはありますか?

かつて、世界を変えた男として歴史に名を刻んだ男である、スティーブ・ジョブズは言いました。

仕事は人生の大部分を占める。心からの満足を得る唯一の方法は、素晴らしいと思える仕事をすること。そして素晴らしい仕事をするには、自分がやっていることを愛することだ。それがまだ見つかっていないのなら、探し続けろ

あなたはこのまま今の仕事を一生の仕事にしても良いですか?

 

この問いかけに対して、自信を持ってYESと答えられる人は、そっとページを閉じてください。

答えがNOなら、一度仕事を離れて考える時間を作るべきです。

なぜ考えるべきかと言うと、人生を決めるのは全部自分であり、答えを出すのも自分だからです。

だから、一度海外にでも言ってゆっくり考えてみることをおすすめします。

“高橋”

自分も人生に迷って時は、2週間〜1カ月くらい海外(インド、ヨーロッパなど)へ行って、ゆっくり考えていました。環境をガラッと変えて考えることは、今まで思いつかなかったアイディアが得られたりするのでかなりおすすめです。

 

実業家として有名な、前田裕二さんもテレビの中で同じようなことを言っていました。

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]

created by Rinker

(番組プロデューサーが、仕事に対する不満をぶちまけた時、)

自分だったら2カ月くらい仕事を休む。

一人でペルーとかに行きます。

言葉も使えないし、文化が全然違う異国の地へ行きます。

そして、内省する。

何が幸せだったんだっけとか

自分が一番ワクワクした瞬間はなんだったんだとか

自分がたまたま地球の裏側のペルーに生まれてたらどうだったんだっけとか

そういうのを考える時間って日々の中で持てないじゃないですか

 

お金がないって人はリゾートバイトで田舎へ行こう

海外旅行はお金もかかるし、国内よりはハードルも高いですよね。

そんな時は、リゾートバイトで田舎へ行って内省してみることをおすすめします。

田舎のスローライフの中で、自分のことを誰も知らない環境の中でゆっくり考えてみましょう。

“高橋”

僕もそうだったのですが、自分の人生について考えて考えて、時には苦しくて何も見つからなくても、考え続けると必ず見えてくるものがあります。本当に人生が変わるので、騙されたと思って1度はやってみてくださいね。

ちなみに、僕はリゾートバイトへ行って人生が変わりました。

【体験談】リゾートバイトで人生変えた僕が伝えたいたった1つのこと

 

ニートになりたい人が取るべき具体的3ステップ

ここまでの話を踏まえて、ニートになりたい人が取るべき具体的3ステップについてお話しします。

  1. 仕事を休む or 辞める(2カ月〜3カ月)
  2. 海外へ行く(お金のない人はリゾートバイトへ行く)
  3. 自分のことをじっくり考える時間をとって、のんびり考えてみる

以上の3ステップです。

あなたの今やっている仕事(もしくはこれからやる仕事)が一生の仕事にしていく価値のあるものならば、今の仕事を続けるべきですが、そうでない人は先がないので、やめてしまった方が良いでしょう。

そして、海外の温暖な地域や、リゾートバイトでスローライフを味わえる田舎にでも行って、ゆっくりと一人自分のことを考え抜く時間を取りましょう。

リゾートバイトはお金を貯めるのには絶好の環境であるので、まずはリゾートバイトで50~100万貯めてから海外へ行ってみることをおすすめします。

 

自分と対話することによって、自分が本当に進むべき道が必ず見えてきます。

【リゾートバイトの行き方】0から勤務開始までの具体的な流れ!

人生は何度でもやり直せる

今から仕事を辞めて新しいことを始めるのは、人生で大きなタイムロスになるのではないか、と考えていませんか?

でも、人生に遅すぎるということはないと思います。

遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則 [ 佐藤光浩 ]

created by Rinker
  • ケンタッキーフライドチキンの創業者である、カーネル・サンダースがお店を立ち上げたのは65歳からです。
  • 安藤百福(日清食品の創業者)がチキンラーメンを開発したのは48歳の時です。
  • やなせたかしは、50代後半でようやくアンパンマンの人気ん火がつきました。

上記のように、今は世間的にみて成功者と呼ばれるような人だとしても、40代〜60代までは鳴かず飛ばずで、遅咲きであった人も結構いたりします。

なので、人生に遅すぎるということはありません。

人生に蓋をする可能性のあるものはあなたの心だけです。

 

以上です。

ニートになりたい。人生を変えたいと思った人は、ぜひ行動に移してみてくださいね。

みんな読んでるおすすめ人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です